Event Participants

Organizer1 people

Event Attendees

Attendee List

オンライン Attendees 35 people
量子ボルツマンマシン に参加を申し込みました!
量子ボルツマンマシンに参加を申し込みました!
量子ボルツマンマシンに参加を申し込みました!
量子ボルツマンマシンに参加を申し込みました!
量子ボルツマンマシンに参加を申し込みました!
量子ボルツマンマシンに参加を申し込みました!
量子ボルツマンマシン に参加を申し込みました!
量子ボルツマンマシンに参加を申し込みました!
量子ボルツマンマシンに参加を申し込みました!
量子ボルツマンマシン に参加を申し込みました!
量子ボルツマンマシン に参加を申し込みました!
量子ボルツマンマシン に参加を申し込みました!
I joined 量子ボルツマンマシン!
量子ボルツマンマシン に参加を申し込みました!
量子ボルツマンマシンに参加を申し込みました!
量子ボルツマンマシンに参加を申し込みました!
量子ボルツマンマシンに参加を申し込みました!
量子ボルツマンマシン に参加を申し込みました!
量子ボルツマンマシンに参加を申し込みました!
量子ボルツマンマシン に参加を申し込みました!
量子ボルツマンマシン に参加を申し込みました!
量子ボルツマンマシンに参加を申し込みました!
量子ボルツマンマシン に参加を申し込みました!
Web 2.0 と言う言葉があった。もう今では使う者も居ない死語である。インターネットというものが、まるでプラットフォームのように振る舞うようになった、そういう事を指して使われていた記憶がある。日常で使うエンジニアなぞ居なかった。その言葉を意識する事は、多分彼らに必要なかった。所謂、バズワードである。10 年程前に、同じような括りでクラウドという言葉が使われるようになった。多くのエンジニアにとって、それはバズワードであったが、次第にその言葉は、重要な概念として扱われるようになっていった。今では、クラウドをバズワードとして使用する者等、一人もいない。Web 2.0 とクラウド、何が違ったのか、それは、前者はただの現実に対する、後付けの表現でしか無かったが、後者は現在進行形で行われている、技術革新の予兆を示していたからである。つまり、ドラスティックな変化をもたらす現象の新芽が、そこに確として存在しており、まだ訪れていない変革の未来への道筋が、技術を通して具体的なヴィジョンとして投影されている事が、誰の目にも明らかになったからだ。クラウドという新しい概念が、何故ここまで浸透したか、それは単純な話で、多くの人に実際に「使われた」からである。まだ見ぬヴィジョンがあり、そこに至る道筋が「具体性を持って」提示されたからである。つまりは Google と Amazon によって。
量子ボルツマンマシン に参加を申し込みました!
量子ボルツマンマシン に参加を申し込みました!
量子ボルツマンマシン に参加を申し込みました!
量子ボルツマンマシン に参加を申し込みました!
I joined 量子ボルツマンマシン!
量子ボルツマンマシン に参加を申し込みました!
量子ボルツマンマシン に参加を申し込みました!
量子ボルツマンマシン に参加を申し込みました!
量子ボルツマンマシン に参加を申し込みました!
量子ボルツマンマシン に参加を申し込みました!
I joined 量子ボルツマンマシン!